検索
  • 山本貴栄

箱を作るのではなく中身を提供する時代。

最近お会いした実業家が口を揃えて仰り、読んだ本にも書いてある。今は物が溢れた時代。器ではなく共感を得られる中身を提供しなければならない。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生において今年ほど時間を感じなかったことはありません。後1か月悔いなく今年を締め括ると同時に、2023年が自分の描くイメージになるように今から行動していきたいと思います。今に感謝し未来をイメージすることで実現します。

世界が大きく動いていますね。こういう不安定な時こそ自分の信じる道をフルスイングで進もうと思います。それが一番自分を守ることになります。

このところ、世界や日本の情勢や経済など、あらゆる面で不安定になっているのを感じます。備え等考えることは沢山ありますが、結局、瞬間瞬間の自分を輝かせることに集中するという結論に達します。そうすれば迷いは無くなります。10月も日々充実していきたいです。